【ワークショップをお手伝い✨】

この間、千葉市美術館で行われた高橋恵子さんのワークショップ「画用紙は、わたしだけの遊び場」をはるてふ二人でお手伝いしました🎨


麻紙の上で絵の具を含ませた筆やクレヨンを弾ませ、色の滲みや重なり、広がりを楽しむプログラム🖍


絵の具をびしゃーっと紙の上に溢しても、紙が破けたって大丈夫👍

最初は躊躇していた参加者も、次第に紙の上で自由になっていくようでした。



何層も何層も色を重ねていく方、鮮やかな海の世界を描く方、文字を書く方、指で絵の具の塊をのせていく方…✨


個々の制作に没頭しながらも、次第に生まれていく緩やかな一体感は、とても心地よいものでした💛




こんなにも、根源的に描くという行為を体験できる場所があるのだなと思い、きっとそれは、恵子さんの積み重ねてきたご経験や、真っ直ぐな思いが参加者にしっかりと伝わっているからだろうと思います🖌






心から描くことを愛している恵子さんの気持ちが、ファシリテーションの言葉を通して参加者に伝わり、その感覚がシェアされていく過程に感動しました✨








恵子さん含め、スタッフ側のメンバーがとても素敵な方たちばかりで、私たちにとって、とても学びの多い一日でした🗒





次は、いよいよ、千葉市美術館ではるてふ企画「あなた絵」を行います🙋‍♀️


いつか私もこんな本質的な創作の場を作ることを目指して…!🦋